新築一戸建ての生垣に最適な植物の選び方

新築一戸建てを建築するときに、敷地の境界線に生垣を植えたい場合は、管理しやすい植物を選びましょう。庭木として親しまれている木の中には、維持管理が大変な品種もあります。イメージや知名度だけで選ばずに、実用性も重視しましょう。特に気をつけたいのが蛾の発生です。蛾の中には、幼虫のときの毛に毒が含まれているものもいて、幼虫が大発生すると皮膚に炎症が発生するなど健康被害が甚大になる可能性もあります。蛾の幼虫が発生しやすい木や、寄生しやすい品種は、よほど家庭菜園や園芸に自信がある人でない限りは避けたほうが無難です。新築一戸建てに生垣を施工するのは道路に接している面だけの場合も多いです。公害に強い品種ならば、通行量が多くても安心です。生垣は維持管理のしかたによって、枯らしてしまうこともあります。枯らしてしまうと、見栄えが悪くなるだけでなく、防犯性が弱まる危険もあります。生垣には生命力が強い品種を選ぶと安心です。公害に強くて、生命力が強くて、水撒きをしなくても自然の雨だけで生育する庭木が、何種類かあります。工務店によっては、一般的な品種を勧めてくる場合もありますので、ホームセンターに相談すると良いでしょう。自分で苗を買って工務店に施工してもらうと、施主支給として整備してもらえます。

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建てに中二階を施工するなら.